接待するためのヒアリング

接待で、食べ物や飲み物の好みはどの程度聞いたらよいでしょうか?

接待では、和洋中など料理のジャンルはもちろんですが、辛い物、甘い物、好きな物、苦手な物などを具体的に訊きます。相手は「何でもいいです」と謙遜されると思いますが、「せっかくの機会ですから、00さんがお好きなものを私も一緒にぜひ楽しみたいと思つています」などといって好みを訊き出しましょう。お酒の好みも同様です。ワインであれば赤自のほかに産地やタイプ、焼酎も麦・芋・蕎麦などの種類を把握しているとお庖選びにも役立ちます。なお、大勢の宴会など、ひとりひとりの好みを把握するのが困難なときは、最低限アレルギl食材の有無は必ず確認しましょう。
また、コンパニオンを呼ぶ時はさりげなく好みのタイプの女の子を聞いておきましょう。

まだ面識のない取引先の重役を接待することになりました。どうすれば先方が満足する時間と場をご提供できますか?

その重役と会ったことがある人に、話し方や雰囲気、人柄などの印象をヒアリングします。そこからお店選びのヒントを導き出します。たとえば穏やかな話し方で落ち着いた雰囲気の方や声の小さな方には、静かなお店。豪快で賑やかなことが好きな方には、照明も明るくワイワイできるお店などといった具合に、ヒアリングするとお店の候補が出しやすくなります。また相手が不快になるような話題をしないためにも、相手がどのような話題のときに、どのような反応をしたかも訊いておくと安心です。コンパニオンを呼んでいいのか呼ばないほうがいいのかの判断も重要ですよね。

●おすすめサイト:新宿でパーティーをするならパーティーハウス新宿店P