東京WEBメーカー
東京WEBメーカー
東京WEBメーカー
Arrow
Arrow
Slider

検索エンジンの目的

検索エンジンの技術が高まり、 Webサイトやページを正確に評価できるように
なってきているのなら、そもそもSEO対策は必要なく、今さらやっても意昧がな
いのではないでしょうか。 検索エンジンの進化の先には、 SEO対策など不要な
世界が待っている、そんなことはないのでしょうか。
-検索エンジンの理想
検索エンジンの目的はあくまで、「利用者にとって価値のある情報を適切に提示
したい」だけなので、適切なツールに登録しているとか、 Webサイトの構造が素
晴らしいとか、コードが正しいとか、最新の技術が使われているとか、それ自体は
検索エンジンにとってどうでも良いことです。検索エンジンが世界中の情報を常に
把握でき、表示速度の問題が解消され、滅茶苦茶なコードでも正確に情報を収集で
きるようになれば、検索エンジンは、コンテンツの価値、つまり、コンテンツの「オ
リジナリティ」や「利用のしやすさ」だけを評価対象とするでしょう 。そのときは、
早く伝えるための対策や効率的に伝えるための対策は不要になるでしょう。
現時点の検索エンジンでは、サーバの情報処理速度やインターネットの回線速度の制約によりWebサイトの作りが悪ければコンテンツが表示されるまでに時間がかかり、利用者にストレスを与えてしまいます。また、検索工ンジ ンは正しく書かれたコンテンツ内の文意や言い換えはもちろん、画像や動園内の情報も正確に把握できません。
結論としては、やはり現時点ではインフラの面はもちろん検索エンジンの技術の
面からも、表示に関する対策や早く効率的に伝えるための対策など、技巧的な対策
も必要です。そしてどんなに技術が進歩しても、二一ズのあるテーマの選択のよう
なマーケテイングに関する対策や、更新頻度やオリジナリティに関するコンテンツ
の価値を高める対策の必要性は、すっとなくならないでしょう 。
13