東京WEBメーカー
東京WEBメーカー
東京WEBメーカー
Arrow
Arrow
Slider

色の三属性の活用方法

配色を行うときに、共通性と対比のバランスが重要であることはすでに述べたが、共通性と対比のバランスを考えたときに重要な要素 となるのが色の三属性である。作業を行うとき、イメージによって色の三属性である色相、明度、彩度それぞれで共通させる部分と対比させる部分を意図的につくり出すことで配色のバランスをとる。 色相のイメージが強いときには特定の色を決め、その色に近似または類似した色を中心に配色を考える。色の性質が似ていると色 相のイメージは強調されるが、不明瞭な配色になることも多い。こうしたときはトーンに差をつけることで、色相のイメージを変えずに明確な 配色にすることができる。トーンは明度と彩度の関係によって決まる。 トーンに差をつけるには明度差を強調する、彩度を強調する、明度・ 彩度両方の差をつけるという3つの方法がある。トーンのイメージが強いときは、色相に差をつける。彩度が高いトーンでイメージが強い場合には色みの度合いが高く、これに色相差をつけると対比が強 くなる。複数の色相を使って配色を行うと派手な印象の配色になる。 また、彩度が低くてトーンのイメージ、が強い配色の場合、類似する 色相で配色を行うと不明瞭で同一の色相に見えてしまうことがある。 これは色相の差を最大限に生かすことで、違いを明確にすることができる。具体的には色数を増やすと、色みの少なさを補ってくれる。

配色を行ったとき、「重要な部分の見え方が弱い」「 統一感がない」 「全体的に締まりがない」ということがある。これらを解消する手段として「セパレートカラー」「アクセントカラー」「グラデーション」といった方法がよく用いられる。セパレートカラーは、隣り合う色面の境界が不 明際なときにその違いを明確にする目的で使われる。アクセントカラー は全体を引き締めるために使われる色で、彩度の高い色を小さな面 積で使うと効果的である。グラデーションは段階的に色を配置することで対比を弱め、全体のつながりに秩序を与えることができる。色の三属性それぞれで、グラデーションをつくれる。

無彩色はどの色相にも属さない色で、どんな色と組み合わせても不調和を感じない配色になる。濁色系で低彩度の色は、敬遠されやすい色だが無彩色と同じ効果がある。以前から無彩色は死、陰湿といったマイナスイメージ強く、好意的にイ吏われることが少なかったが、最近はインテリジェンスを感じさせる都会的な色として多用される ようになった。また、隣り合う色の明度が近く、境界が不明瞭になった場合、全体のイメージを保ちつつ境界を明確にするセパレートカラーとして使われることもある。無彩色は対比を強調する、不調和を 軽減して対比を弱めるといった具合に配色を行ううえで、重要な色である。色づかいの上手な人ほど、無彩色や低彩度の色を効果的に使っている。