東京WEBメーカー
東京WEBメーカー
東京WEBメーカー
Arrow
Arrow
Slider

ホームページサイト配色スタイルINDEX

配色に共通点のあるサイトには内容的な共通点もあるもの。色のもつイメージとその組み合わせの効果をうまく利用することで、ホームページサイトの個性をつくりだしたり、視覚のメリハリをつけることが可能になる。

赤をキーカラーにした 目的別国色イメージ

情熱的で刺激のある印象を与える色といえば赤系の色だ。グレーと合わせるとビジネス系の配色としても使えるなど幅広い表現力をもつ。彩度が高いと主張が強すぎてしまうので、広い色面で 使うときは明度を抑える必要がある。

知性を表す 赤と無彩色は相性のよい組み合わせとしてよくグラフィックイメージに利用されている。無彩色は赤の強 烈な印象をやわらげるレイアウトにまとまりを与える。赤 を使いたければ無彩色を使う、という流れは原則といってもよいだろう。 強烈でクセのある赤だが、情熱という意味で使われることがよくある。一方のグレーは冷静さ、鈎衡を意味 する。こうした思考が一般に知性的と呼ばれているため、赤とグレーの取り合わせに対して教養や知性という意味をもたせることができるのである。

個性を表す ピンクは個性の表明に適した色だ。男性もファッションに取り入れはじめ、女性の色という印象は年々薄くなっている。 赤よりも柔らかく、組み合わせやすい印象がある。ただし、隣接した色相の赤や紫と組み合わせるとピンク の印象を凌いでしまうことや、補色の色がグラフィック ではあまり使い慣れない黄緑である点で、使いにくい色ともいえる。よって単独の色相で、明度差をつけて使用する方法が無難。生成り色など、あまり色みを感じさせない有彩色と取り合わせて使うか、ややダーク系の色に抑えて使うとバランスを調整しやすい。

真撃な温かさを表す アクセントカラーに赤を置き、アクセントカラーと補色に近い色彩をうまく取り合わせたスタイルは、赤が効果的に引き立ってみえる。とくに真撃なメッセージ、 を赤で示すと、単なるシリアスさとは違う「余裕のある 真剣さといった複合的なイメージも表現できるだろう。 取り合わせる補色、あるいは色相差のある色彩は色 みを抑えた中間色となっていることが望ましい。アース カラーのように有機的なイメージをもつ色を使うと落ち着いた感じがより強まる。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です