東京WEBメーカー
東京WEBメーカー
東京WEBメーカー
Arrow
Arrow
Slider

今後の検索エンジン

現在の検索エンジンはグーグルの独走状態になっています。日本ではさまざまな事情が違う面もありますが、それでも今後さらにグーグルがシェアをのばしてくることでしょう。 グーグルがシェアを伸ばす理由は、次のものと思われます。

・魅力的なソフトの無料利用により、自然とグーグルに接する機会が憎える

・YouTube の買収に代表されるように、魅力的なコンテンツを常に僧やして いる

・教育現場では、トップページに余計な情報がないグーグルを使用する傾向にある

この中に、「検索エンジンの精度が高い」というのを入れていません。
賛否はあるかも知れませんが、まだ一般的には「グーグルの方が満足できる検索結果が得られる」といわれているわけではありません。 グーグルは、ユニバーサル検索といって検索結果に動画、画像、地図、ニュースなどを混ぜて表示することを拡大しています。ただその認知度はまだ低いため、そ を目的にグーグルで検索を行う人はまだ少ないでしょう。 一方ヤフーは、検索エンジンの仕様を従来のYSTからマイクロソフトのBINGの仕様に変えると見られています。 米国ではマイク口ソフトとヤフーと事業提携を行ったため、既にヤフー検索エンジンはBINGに変わっています。今のところBI NG は評判が良く、 シェアを少しずつ伸ばしています。それが日本で導入されれば、ヤフーの反撃の起爆剤になる可能性もあるでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です