東京WEBメーカー
東京WEBメーカー
東京WEBメーカー
Arrow
Arrow
Slider

分散先のサーバの評価

IP分散を行ったとしても、スプログやワードサラダといったスパム行為を同時に行っていた場合は、IP分散の効果は出ません。
リンク元のWebサイトが機械的に大量生産したものではなく、一つひとつていねいに作った有益なWebサイトの場合に、どういったIP分散を行えば効果が得られるのかを考えてみます。
おそらく、被リンクを受けたいメインサイトは、日本人向けのWebサイトになると思います。
したがって、IP分散を行うサーバも、クラスA~CのIPアドレスを分散した日本圏内のサーバを使うのがよいでしょう。
海外のサーバを使いたい場合、日本人向けのWebサイトなのに海外サーバということだと、評価がワンランク落ちる印象を持ちますが、クラスA~BのIPアドレスを分散できる海外のサーバであれば、国内のサーバと評価は互角と考えてよいでしょう。
<国内サーバと海外サーバでのIP分散のコツ>
・国内サーバで分散 → クラスA~CのIPアドレスで分散
・海外サーバで分散 → クラスA~BのIPアドレスで分散

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です