東京WEBメーカー
東京WEBメーカー
東京WEBメーカー
Arrow
Arrow
Slider

Webサーバ

Webサイトを公開して誰でも見られるようにするには、 Web上に公開するためのス
ペースが必要です 。このスペースのことをWebサーバと呼びます。どのようなサーバを借りたいのか。 Webサーバは自分で構築するとともできますが、特に理由がなければ、専門業者のレンタルサービスを利用しましょう 。中には無料のサーバもありますが、有料のサーバを借りるのが良いでしょう 。月額数百円で利用できる安いサービスは、1台の Webサーバを多くの人と一緒に借りる共有サーバと呼ばれる契約形態になり、一緒に利用している人の利用状況によっては、通信速度が遅くなったりメールの受信が拒否されたり するリスクもあります 。しかし 、このようなリスクはそこまで高くありませんし、問題があればサーバは移転できます。何より、 1台丸ごと占有サ-バとして借りるのは非常にコストがかかるため、まずは共有サーバでサイトをスター卜させましょう 。
目的の能力の有無をチェックする。webペー ジは 1ページあたり平均 1MBほどの容量を使います。それをもとに 作成するページ数と、メ ールの受信容量をふまえてサ-バの容量を決めます。また、 CMSを利用する際は、データベースが必要になるとともに、 CMSが正常に動作するための条件もあるので、必ず、データベースと動作環境
が揃っているか確認し、心配な場合はサーバーの提供元に問い合わせましょう 。
複数のWebサイトを 1つのサーバで運用したい場合は、 ドメインやデータベースを複
数利用できるかや、作れるメールアドレスの数も確認が必要です。サーバによっては、
ドメインごとにメールアドレスを設定できないものもあるので、注意しましょう。